DIYで対応可能なドアノブ修理・交換のリスクを学ぶ

DIYで対応可能なドアノブ修理・交換のリスクを学ぶ

ドアノブ

ドアノブの歪み・破損

子供がぶら下がったり、動きが悪いからと無理に回すと、ドアノブが歪んだり破損してしまう事があります。室内のドアノブであれば、DIYでも修理が可能です。ホームセンターで工具や部品を購入し、心配であれば店員に相談しても良いかもしれません。ただし失敗すると開閉ができなるため、不安な方は業者に依頼する方が良いでしょう。また鍵の付いているドアノブも、内部調整が必要となるため、自分で修理せず、業者に依頼しましょう。

ドアノブ

リスクを把握する

ドアノブに不具合があれば、開閉できず「閉じ込め」「締め出し」といったトラブルになります。自分で修理することも可能ですが、トラブルを確実に避けるためには業者に依頼するのが一番でしょう。デザインの複雑なドアノブであれば、個人で対応するのが難しくなります。またドアノブ修理をしようとして、ドアを壊すなど余計な費用がかさむこともあるのです。リスクについてよく考え、DIYか業者依頼か選択しましょう。

ドアノブ交換に必要な道具

  • 交換するドアノブ
  • 取付用のビス
  • ドライバー
  • 千枚通し
  • 爪楊枝
  • ニッパー
  • ウォーターポンププライヤー

広告募集中